WordPress エックスサーバー 「FileZilla」「FTPS」初期設定

ごけたです。「FileZilla」はバージョンアップが年数回行われています。

はじめに。

FTPソフト「FileZilla」には「SFTP」という方式を用いて
暗号化して接続する方法。
「FTPS」という方式を用いて暗号化して接続する方法の2つがあります。
ここでは「FTPS」方式を用いて暗号化して接続設定する方法をご紹介します。

「STFP」方式の暗号化して接続設定がよく分からない方や
初心者の方にお薦めの接続設定です。

ページ構成
OSはWindows、ブラウザーはchrome、レンタルサーバーはエックスサーバーです。
画像、ソースコード、その下に説明文の構成になっています。
画像はクリックすると拡大されて表示されます。

1:事前準備

FTPソフト「FileZilla」をPCにダウンロードすることから始まるとお思いでしょうが、
もっと重要な事前準備が有ります。

1:FTP情報を手元に。
・FTPホスト名(FTPサーバー名)
・FTPユーザー名(FTPアカウント名
・FTPパスワード
この3つがなければ、FTPソフトの設定が出来ません。


エックスサーバーでは契約時に一番最初に届いたメール
「【Xserver】■重要■ サーバーアカウント設定完了のお知らせ[試用期間]」内の
「FTP情報」に記載されています。

2:FTPソフト「FileZilla」をダウンロード、インストールする

FileZilla」のダウンロード、インストールに関しては、

Wordpressの手動インストールにはじまり、テーマ、プラグイン、画像ファイルのバックアップ。css、phpや外部テーマのアップロード。等々、WordpressとFTPソフトは切っても切れない関係にあります。エックスサーバーでのFTPソフト「FileZilla」の「SFTP」方式の暗号化を交えての初期設定を紹介しています。クイック接続や複数のPCにインストールする際の設定方法も紹介しています。
上記URL Wordpress エックスサーバー 「FileZilla」の初期設定「SFTP」暗号化の
「3-3:「FileZilla」をダウンロードする。」をご覧下さいませ。

3:「FileZilla」の「FTP」接続設定を行う


メニューバーの「ファイル」から「サイトマネージャー」をクリックします。


「サイトマネージャー」ウィンドウが表示されます。
左下の「新しいサイト」をクリック。(画像番号①)
「新規サイト」に「サイト名」を入力設定します。(画像番号②)
※半角英数で入力して下さい。

何でも構いませんが、何のサーバーに接続しているか分かる
ワードを入れておくといいかも知れませんね。
「xs」は「SFTP」接続設定用のサイト名です。


ファイル名の入力が済んだら、次は右側の設定です。
画像番号①:サーバー用ホスト(アドレス)を入力。
エックスサーバー契約時に来たメール内、
もしくはサーバーパネルの「FTPの設定」内に記載されています。
画像番号②:「プロコトル」は「表示のまま」で構いません。
画像番号③:「暗号化」は右隅の「▼(下三角)」から
「明示的なFTP over TLS」を選択します
画像番号④:「ログオンの種類」右隅の「▼(下三角)」から「通常」を選択します。
画像番号⑤:「ユーザー」にFTPアカウント(サーバーIDと同じ)を入力。
画像番号⑥:「パスワード」にFTPパスワード(サーバーパスワードと同じ)を入力。
※パスワードの入力箇所が画像のように既に丸文字で入力済みの場合は、
新規に入力しなくても大丈夫でした。
画像番号⑦:入力、設定に問題がなければ「接続」をクリック。

※「画像番号③:「暗号化」は右隅の「▼(下三角)」からを選択します。」について。

初期設定では「使用可能なら明示的なFTP over TLSを使用」です。
これは初めに暗号化でも接続行います。
ですが暗号化での接続が上手くいかない場合は「暗号化」せずに接続します。

今回選択した「明示的なFTP over TLS」は
暗号化が成功しなかった場合は接続ができません。

まず「接続できない。」は起こりません。
接続中は安心して作業が行えますね。


さいごに接続に関する「証明書」です。
特に問題がなければ一番下の2つに「チェック」を入れて、
「OK」をクリックします。


接続できれば、右側の「リモート、リモートディレクトリー」側に
フォルダやファイルが表示されます。

4:クイック接続設定

必ず、接続が切れている状態で設定して下さい。


クイック接続欄の「ホスト」にマウスのカーソルを合わせと入力設定が表示されます。
サイトマネージャーで設定した「明示的なFTP over TLS」は「ftpes://」を
入力設定して下さい。と書いてあります。


「ホスト欄」には「ftpes://」のあとにサーバー用ホスト(アドレス)を入力。
「FTPアカウント(ユーザー名)」、「FTPパスワード」を入力します。
ポートは「未入力」です。
一番右側の「クイック接続」をクリックして、接続できれば完了です。


次回以降はクイック接続右側の「▼(下三角)」から、
接続先(レンタルサーバー)を選択します。


入力情報を表示したく場合は、クイック接続右側の「▼(下三角)」から、
「クリック接続バーのクリア」を選択クリックします。
入力情報の表示が消えます。

5:複数のPCに「FileZilla」をインストール、「FTPS」接続設定したい場合

設置したいPCに「FileZilla」をインストールしてください。
上記の方法で接続設定して下さい。

「サイト名」は同じでも別でも、FTPSの入力設定が間違っていなければ接続できました。
クイック接続も同様に複数台のPCで接続設定できます。

6:「SFTP」接続を追加設定してみる エックスサーバー編

「FTPS」接続設定が出来た状態からでも「SFTP」接続設定への変更は可能です。
但し「SFTP」接続に必要な「.key」ファイルの発行だけは必要です。

上記で設定した「FTPS」は接続されれば「暗号化」されます。
今回設定する「SFTP」は接続の度に「パスワード(パスフレーズ)」を入力します。
「パスワード(パスフレーズ)」は変更も可能ですので、
暗号化に関しては「SFTP」の方が上位になります。


まずエックスサーバーのサーバーパネルにログインします。


サーバーパネル内の「SSH設定」をクリック。


「SSH設定」タグをクリック。
「状態」が「OFF」表示になっています。
「変更」下の「ONにする」をクリック。


「戻る」をクリック。

「状態」が「ON」になっているか確認します。

次に「SSH設定」内の「公開鍵認証用鍵ペアの生成」タグをクリック。

パスフレーズ(パスワード)を入力設定します。
※必ず半角英数で入力してしてください。
「SFTP」設定した場合は、「接続」するたびにパスフレーズ(パスワード)を入力します。
適度に長く、適度に覚えやすいパスフレーズ(パスワード)を入力設定してください。
入力設定したパスフレーズ(パスワード)はメモを取って控えて下さい


「SSH設定」タグ下の「※SSHでの接続ポートは[1002]になります。」も頭の片隅に。
これも後で使用します。


右下の「公開鍵認証用鍵ペアの生成「確認」→「確定」をクリックで、
暗号化用ファイルがダウンロードされます。(発行させます)

「FileZilla」を暗号化させる設定で使用しますので、
どこにダウンロードされたか覚えておいて下さい。
※Windowsの場合、ダウンロードフォルダ内にダウンロードされます。
拡張子は「.key」です。


ここで拡張子「.key」ファイルを「FileZilla」に読み込ませます。
「FileZilla」を起動させて、メニューバーの「編集」から「設定」を選択クリック。


「設定」ウィンド画面左の「ページを選択」内から「SFTP」(画像番号①)をクリック。
次に右側の「公認鍵認証」下の「鍵ファイルを追加」(画像番号②)をクリック。


「秘密鍵が格納されたファイルを選択」が表示されたウィンド内から
拡張子「.key」のファイルを選択、「追加」をクリック。
※Windowsの場合、ダウンロードフォルダから選択、「追加」をクリック。


「鍵ファイルの変換」ウィンドウが表示されます。。
びっくりしますよね。暗号化用ファイルなのに対応してなくて変換しますか?だなんて。
変換すれば対応しますので、ここは深く考えずに表示に従って「はい」をクリックです。


「パスワードが必要」ウィンドウが表示されます。
ここでサーバーパネル内の「SSH設定」で入力設定した
パスフレーズ(パスワード)を入力、
「OK」をクリック。


パスフレーズ(パスワード)の入力後、
変換した暗号化用ファイルの保存名を新規で入力します。
「保存」をクリックして、任意の場所に保存します。
※画像ではファイル名の入力後、右下の「保存」をクリックして
表示されてウィンドウ内を保存先にしています。
※Windowsでは「ダウンロードフォルダ」に保存されました。

一度設定してしまうと、ほぼ使用することはありません。
何かの折に目に触れた際、何のファイルか分からないと困りますので、
「filezilla」「sftp」、「key」といったワードを入れておくといいかも知れませんね。

変換後のファイルの拡張子は「.ppk」になります。
一応、「.key」ファイルと合わせて、USBや外付けHDDにもコピー保存してください。


変換が完了すると、「設定」ウィンド画面右側の「秘密鍵」下に
追加したファイルが表示されます。
これで暗号化用ファイルの読み込み、変換は完了です。

完了したので、左下の「OK」をクリック。
「設定」ウィンドウが閉じます。
※「FileZilla」自体は起動させたままでいてください。

これが最後の設定になります。
ここで「SSH設定」で入力設定したパスフレーズ(パスワード)と
頭の片隅で覚えておいたポートが必要になります。


メニューバーの「ファイル」から「サイトマネージャー」をクリック。
「FTP」の接続設定した「サイト名」をクリック。
私の場合は「xsssx」になります。
※先に「xs」で「STFP」接続設定してますが追加は可能です。


設定するのはたったの二か所です。
1:右枠の「ポート」に「10022」を入力。
2:「プロトコル」の右隅の「▼(下三角)」から「SFTP-SSH File Transfer Protocol」を
選択クリックします。
その下にあった「暗号化」枠の表示が消えます。
これだけです。

入力、設定に問題がなければ「接続」をクリック。

「パスワードを入力」ウィンドウが表示されます。
ここでも「SSH設定」で入力設定したパスフレーズ(パスワード)を入力します。
「「FileZilla」が終了するまでパスワードを記憶」にチェックをいれて「OK」をクリック。

※このチェックは「FileZilla」自体を閉じるまで
「パスフレーズ(パスワード)を記憶しています。」という意味です。
「FileZilla」を起動した状態で接続を切り、
再接続の場合は「パスフレーズ(パスワード)入力画面は表示されません。

「FileZilla」のウィンドウを閉じて、再度「FileZilla」を起動すると、
「パスフレーズ(パスワード)入力画面が表示されます。
暗号化の手続きですので仕方ないですね。


「OK」をクリック後、
接続、ログイン表示、右側にドメインフォルダが表示されれば
接続設定は完了です。

ウィンドウ左上のサーバーアドレスが「sftp://」で始まっています。
SFTPでの接続が出来ているということですね。

さいごに

「FTPS」接続設定はとても簡単なので、
メニューバー、階層、フォルダやファイルなどの表示内容、ダウンロード
アップロードなど、FTPソフト理解するには向いています。

慣れてきたら「SFTP」設定に変更するものいいかも知れません。
しっかりデータを守っていきましょう。

最後までお付き合い下さいまして有難うございます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク