「生八つ橋フォンデュ」京都銘菓「おたべ」抹茶の生八つ橋×濃厚宇治抹茶ソース 通販 ニッキ無し

スポンサーリンク

ごけたです。
今の京都に観光客が少ない月ってあるんでしょうか?
日本海側が比較的空いてますか?

はじめに

今回は和菓子編です。

生八つ橋が食べたくなりまして、検索しました処、
「生八つ橋フォンデュ」と何とも魅かれる商品名。
お試しで購入してみました。

ページ構成
OSはWindows、ブラウザーはchrome、レンタルサーバーはエックスサーバーです。
画像、ソースコード、その下に説明文の構成になっています。
画像はクリックすると拡大されて表示されます。

生八つ橋フォンデュ


抹茶の生八つ橋が8枚、
宇治抹茶ソースが1袋、
ソースを入れる器が1個、
これらが縦172mm×横98mm×高さ27mmの箱(外装)に収められいます。
日持ちの目安:出荷日を含む12日間

お味
今までニッキ、抹茶にこだわらずに粒あんの入った八つ橋しか食べたことがありません。
なので、まずはソースを付けずに素のままで頂きます。

味は抹茶です。強くはないです。
食感も製造元によって柔らかすぎたり、固めだったりと微妙に違ったりします。
1枚を縦に丸めて食べてみました。
柔らかめです。かなりもっちりしてます。歯ごたえもあります。
好きな食感です。

ソース
説明書にも「粘り気がある」書いてありましたが、
袋から器に移す時にもその粘り気が出て、ちょっとこぼしてしまいました。

お味
まずはソースだけをスプーンで軽くすくって舐めてみました。
抹茶味です。またに深みは感じますが,苦みを感じることありませんでした。
甘味のあるのでソースだけでも舐めていられます。

今度はソースを付けて頂きます。
縦の丸めたや八つ橋を素手で行きます。
八つ橋の半分よりやや下の位置までソースが付きます。

いい組み合わせだと思います。
何枚でも食べていけそうな気がしますが、
もっちりしてるので、8枚で丁度お腹が膨れる感じです。
ソースも8枚でちょっと底に残る計算された量でした。

合わせ
緑茶と白湯で頂きました。
白湯の方が抹茶の味が濃く出るように感じます。
緑茶で甘味を消しています。

お値段
1箱:540円(税込)
お安い。と思います。

送料:全国一律、常温便:送料650円、クール冷蔵便:送料860円
別途送料でもとお安い。と思います。

ニッキ無し 生八つ橋


黒豆味5個、
栗きんとん味、
これらが縦210mm×横130mm×高さ26mmの箱(外装)に収められいます。
日持ちの目安:出荷日を含む12日間

生八つ橋はニッキが特徴ですが、苦手な人もいらっしゃいます。
生八つ橋自体の食感は好きだけど、ニッキが苦手だから生八つ橋が食べれない。
こんな方もいらっしゃいます。
最近はニッキ抜きやチョコ味など色々工夫したものもあるようです。

こちらでもニッキ無しの生八つ橋の取り扱いがあったので、
お試しで購入してみました。

黒豆味
黒豆が美味しかったのでニッキがなくても、生八つ橋との相性も良く感じます。
かなり甘めですが、想像以上に美味しかったです。

栗きんとん味
栗の味、食感は感じます。それでけです。
生八つ橋との相性はあまりいいとは感じられませんでした。

合わせ
なし。

お値段
1箱:540円(税込)
送料:全国一律、常温便:送料650円、クール冷蔵便:送料860円

購入方法

通販サイト

自社サイトから

京都銘菓「おたべ」のサイト内から

楽天から

ポイントとか貯めたりしてる方にはこちらがおススメです。

自店舗から

京都銘菓おたべのコーポレートサイトの京都近郊取扱い店舗一覧です。おなじみの「つぶあん入り生八つ橋 おたべ」や、京都の伝統的なお菓子「八ツ橋」、「京町家ケーキ」等の京都を感じさせる抹茶の洋菓子まで取り揃えております。どうぞおこしやす。

京都府に七店舗あるお店から直に購入も可能です。
※在庫は各店舗によって異なります。
営業日、営業時間を事前にご確認の上、お出かけください。

店舗に行けば、その場でフォンデュが食べれるとかあればいいのに。
と思ったりもします。

さいごに

粒あんが入っているからニッキ味でも食べれて、
ニッキだけの生八つ橋は無理だと確認出来ました。

ご馳走さまでした。美味しかったです。
フォンデュは一人で一気に、ちびちびでも、友達、家族で分け合ってでも、
どっちでも楽しく美味しく頂ける商品だと思います。

こんな方法で生八つ橋を食べれるとは思いませんでした。
素晴らしいアイディア商品だと思います。
パッケージのデザインにもこだわりを感じます。

気になる方は是非一度味わってみてください。

最後までお合い下さいまして有難うございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク