小布施堂 Shinjuku 「朱雀モンブラン」 伊勢丹 新宿店

ごけたです。栗の皮むきが好きです。

環境:OSはWindows、ブラウザーはGoogle Chrome、
ページ内の画像はクリックすると拡大して表示されます。

朱雀モンブラン

モンブラン好きにとって、一度は食べてみたいのが

小布施堂(おぶせどう)の「朱雀モンブラン」。

長野県の本店のみで食べられる「栗の点心 朱雀」の洋菓子版が「朱雀モンブラン」です。

本店のみの「栗の点心 朱雀」は栗あんに、

モンブランで云うところの「モン」の箇所をこれでもかとのせた

栗のみの味を充分過ぎるほど堪能できる贅沢な和菓子です。

栗にこだわり、知り尽くしたお店が作る洋菓子の代表作が

「朱雀モンブラン」です。

本店の通販サイトでは1月10日到着から3月31日到着までの

期間限定販売を謳っています。

都内でこの期間に確実に購入可能なのが伊勢丹新宿店地下1階にある

「小布施堂shinjuku」店さんです。

※通販同様に3月頃までの期間限定です。

特徴はなんと言っても、大きさと1個1,500円の価格です。

それゆえ若干躊躇してましたが、それではいつまでたっても食べれてません。

先日、新宿に用事があってので、そのあとでついに伺いました。

私が伺ったのは日曜の午後2時ちょい前でしたが、在庫はまだ余裕がありました。

当日在庫は売り切れ御免だったはずのなので、購入出来た時はホッとしました。

高さは約6cm、幅は約8.5cmと想像以上の大きさでした。

和菓子から波形しただけあって、台座の板に葉と

細かいこだわりがいいですね。

付属のスプーンで頂きます。
※スプーンでほじったので画像は綺麗ではありません。

中身は中央がクリーム、下部がやや硬めのスポンジです。

モンの量が多いです。それだけに栗の甘みを堪能できます。

栗の実も若干入っていましたが、2粒ほどベリーが入っていて、

アクセントして甘みをほぐしてくれます。よく考えれています。

最後は牛乳を添えて甘さを調整しながらいただきました。

これはこれで贅沢な食べ方かと。とても美味しかったです。

食べたあと、この味、この大きさなら価格は妥当だと思えました。

くりあんケーキ

デパ地下にはそうそう来ないので、

勢いで「くりあんケーキ」も購入しました。

こちらは保存期間が15日あるので翌日に頂きました。

ケーキ生地はしっとりしていて、ほのかに栗の風味が。

具の部分には栗あんと栗がのっています。

あんはしっかり甘みがあります。

栗自体はやや甘さは抑え目ですが、非常に柔らかくてほろほろとした食感が

生地ととっても合っていいます。

大きさ、具材の量ともにバランスよく、何個でも食べられそうです。

こちらは昨日の今日だったので渋みの強い

ダージリン・ティーを添えていただきました。

こちら単体での購入であれば、アールグレーを添えてもいいかも。

牛乳ももちろん合います。

どちらも美味しかったです。ご馳走様でした。

いつかは本店で「栗の点心 朱雀」を食してみたいですね。

小布施堂オンラインショッピングは、こだわりの栗餡を使用した栗鹿ノ子、栗羊羹、栗最中等の栗菓子を販売しております。

HPではブログがあり、催事の情報もあります。

モンブランの実演がある場合も。

フェイスブックやインスタグラムでも綺麗な商品写真や情報も。

各情報をチェックしながら、是非一度、「小布施堂」さんの味を。

「小布施堂Shinjuku」店さんにお出かけの際は、
伊勢丹新宿店の営業時間と
地下1階のフロアマップをご確認下さいませ。↓

『毎日が、あたらしい。ファッションの伊勢丹』から新宿店の店舗情報や最新のイベント・フェア・商品の情報をお届けいたします。
※右下の「甘の味(和菓子)」コーナーです。
迷った場合は、フロア案内の係りの方にお尋ね下さいませ。

最後までお合い下さいまして有難うございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク